内山雅人の
「マインドマップ講座」

◎お手軽に受講できるマインドマップ入門講座ならびに体験会です。

◎なかなか時間のとれない方、まずは体験してみたい方におすすめです。


ThinkBuzanl公認マインドマップシニアインストラクター 内山雅人   



◆この講座について◆

  □マインドマップの根底に流れるエッセンスを学ぶことができます。
  □入門講座(3時間)と体験会(90分)がございます。
  □認定証の発行はございません。
  □なかなか時間のとれない方、まずは体験してみたい方におすすめです。

   ◆お申込み→日程表からお選びください

 

「まずは、どんなものか知りたい」という方、お気軽にご受講ください。

マインドマップは、中心から放射状に枝を広げて、絵や文字をカラフルに楽しくかいていくものです。
この手法は、脳にとってたいへんナチュラルなため、隠れた能力や思考を容易にひきだすことができます。

内山は、マインドマップを教育機関を中心に30,000人に近い方々(小学生、中学生、高校生、小中高大の教師、教育委員会主催の教職員研修会、ビジネスマン、主婦等)に教えてきました。
その過程で、確信したことがあります。それは、放射思考と自分の感性やイマジネーションを「見える化」することで、これまでに気づかなかった自らの能力に簡単にアクセスできるということです。

また、マインドマップを使っている人たちが一同に会しているばでは、世代を超えた共通言語になっていると感じます。
このことは、マインドマップが記憶や整理、アイディアをうみ出すための強力なツールのみならず、学び方やコミュニケーションにまで応用できることを示していると断言できます。

マインドマップの講座は、以下の講座があります。
・プラクティショナー講座(基礎を身につける1日講座)
・アドバンスト・プラクティショナー講座(マインドマップを指導することのできる資格を取得する講座)

ただ、「いきなり1日講座を受講するにはハードルが高い」と感じておられる方や「まずは、どんなものか知りたい」という方ももおられるかと思います。

そんな方々のために3時間ほどの入門講座ならびに90分ほどの体験会をご用意いたしました。
お気軽にご参加ください。


◇親子講座について

近年では、学校でも「自発的に学ぶ」「学び方を学ぶ」ことの重要性が見直されてきています。
そして、それらを支えるノートのとり方についても、現場で紆余曲折しながら、発展してきているといえるでしょう。
マインドマップは、40年にわたり、全世界の学校教育でも、学び方を習得させるうえでも、高い効果と即効性で、多くの実績を残しています。
また、気づきに満ちた楽しくワークができることと、知らぬ間に頭の使い方がよりよく変化するために、習慣化もしやすいといえます。
入門講座では、小学生を対象にした親子講座もご用意させていただいております。
対象は教材の内容は3年生以上となっておりますが、ご希望があれば1、2年生の参加も可能です。
  
これまでの教育機関での実績はコチラをご覧ください。


講座名:はじめてのマインドマップ講座
講師:内山雅人
場所:かつしかシンフォニーヒルズ
東京都葛飾区立石六丁目33番1号
時間:入門講座 13:30〜16:30  親子入門講座 10:30〜14:30 体験会 13:30〜15:00  親子体験会 13:30〜15:00
定員:先着12名
参加費:入門講座 15,000円(税別) 体験会 5,000円(税別)
      親子入門講座 親子で15,000円(税別) 親子体験会 親子で8,000円(税別)
お申込み:日程表からお選びください
主催:一般社団法人学びコミュニケーション協会
お問い合せ:info@manakomi.jp

 ※会場のかつしかシンフォニーヒルズと一般社団法人学びコミュニケーション協会の関係はございません。

<講師:内山雅人> ○ThinkBuzan公認マインドマップ・シニアインストラクター(TLI)○メンタルコーチ○5分で伝わる話し方講座「スピーカーズマインド」インストラクター○一般社団法人学びコミュニケーション協会代表理事○教育コンサルタント○ITコンサルタント○有限会社ストリートランプ代表○2007年4月より神田昌典氏を代表とするブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社取締役教育部門担当○2007年10月〜2010年3月一般社団法人ブザン教育協会理事○元都立高校保健体育科教諭(在任17年間)○東京学芸大学卒○リテラシー教育を、全国の学校、教育機関に普及させるべく教師、学生、児童、生徒を対象に  セミナー、コンサルティングを実施。○マインドマップでは、開発者のトニーブザン氏から圧倒的な支持を受け、シニアインストラクターとして、のべ約200名のインストラクター、フェロー(学校内インストラクター)、コーチの養成にあたり、セミナーコンテンツ作成や研究機関を立ち上げる。そのかたわら、自らも積極的に講演講座を行い、マインドマップ、リテラシー教育等についての講座・講演受講者数は3万人を数える。